従業員同士のコミュニケーションを重視する新亜光学工業株式会社

なぜコミュ力を重視しているの?その効果は如何に?

コミュニケーション能力は本当に必要なのか?

若者だけでは無く中年や企業すらも使う様になった「コミュ力」という言葉は、なぜ使われる様になったのでしょうか。そもそもこの言葉の意味は相手と如何にうまく意思疎通が取れるかを図る能力であり、高い・低いで表します。人によってはソーシャルスキルと呼ぶ方もいて、人との繋がりを大切にする現代人ならではの言葉といえます。

しかしこのコミュ力は本当に必要なのか疑問視する声も少なくありません。自然なコミュニケーションはある程度とっておいた方が人間関係は円滑に進みますが、それを意識しすぎて疑心暗鬼になってしまうケースもあります。特に学生の内は精神的に未発達なので「コミュ力」という言葉に縛られて自分を押し殺してしまったり、相手に合わせ過ぎてしまったりして疲弊する方もいます。

また企業によっては資格や経験よりもコミュ力を大切にするところも存在します。但しこれはコミュ力があれば他のスキルはいらないという訳ではありません。円滑に業務を遂行する為の能力は必要だが、他にも特化するスキルがあれば尚良いというニュアンスになるので気をつけて下さい。

当然ですが業種によって求められるコミュ力の質は大きく違います。アパレルを含む接客は多くの顧客と関わるので、話しかけやすい雰囲気や話題作りが必須です。しかしエンジニアやプログラマーは求めているニーズを汲み取り具現化する能力が必要で、どちらもコミュ力といえるでしょう。今回紹介する新亜光学工業株式会社に関してもコミュ力を大切にしています。