なぜコミュ力を重視しているの?その効果は如何に?

>

コミュ力が無い方はどうすればいいの?

卑屈になりすぎていませんか?

「自分はコミュ力が低いのでダメだ。」周りのコミュ力の高さを見て、そう卑屈になっていませんか?自分のコミュ力が低いと感じた時点で自己分析が出来ているので、卑屈になる必要はありません。

また人間は元々他者との繋がりを求める生き物なので、不安に陥るのは本能的なものといえるでしょう。大切なのはコミュ力が低いと感じた後に何をしたのかという点です。

誰でも出来るコミュ力アップ方法といえば、コミュ力の高い方のやり方を観察する事から始まります。相槌やしぐさ、話題の切り返し方を見て、自分が出来そうなポイントからマネしていきます。そこから自分らしさや相手の反応を見て、少しずつカスタマイズしていけばコミュ力アップに繋がります。

あくまでもベクトルは相手にある

新亜光学工業株式会社の様にコミュ力を重視する企業で働きたいので、自分なりに試行錯誤しているがうまくいかない。自分なりに動いているのは素晴らしいですが、結果が伴っていないやり方は正解といえません。

当然ですがコミュニケーションは相手がいて始めて成り立つものなので、相手にベクトルを合わせなければなりません。特に仕事の場合は上下関係や顧客など立ち位置がはっきりしているので、それを考えた上でコミュニケーションを取っていきましょう。

とはいっても仕事の話ばかりでは相手が退屈してしまうので、ほど良く雑談を混ぜながら相手の警戒心を解いていく。その為には自意識やプライドは一旦忘れて相手の事だけを考えるのがコミュ力アップの秘訣では無いでしょうか。


この記事をシェアする