なぜコミュ力を重視しているの?その効果は如何に?

>

企業としてコミュ力は必要なのか?

社内の事を知ってもらうのが第一歩

多くの企業が社内で円滑にコミュニケーションを取ってもらう為に、様々なカリキュラムを実施しています。新亜光学工業株式会社に関してはとにかく社内で誰が何をしているのかに着目し、業務内容を知ってもらうのが先決だと考えています。

よって同じ部署だけで固まるのではなく、全体の流れを理解する事で生産性の向上が期待出来ます。また意思の疎通が取れている企業は顧客にも信頼されるので、長い目で見れば利益の確保にも繋がるでしょう。

その為に新亜光学工業株式会社では、定期的に社内イベントや社内報で自社を知ってもらう事を実施しています。その結果、他部署への興味や関心だけでは無く、従業員の多くが自社に対して高い関心を示すようになりました。

新亜光学工業株式会社はこうやっている?

製造業の中でも大きな成功を残している新亜光学工業株式会社では、スキルや資格・経歴も大切だがスタッフ同士のコミュニケーション能力を大切にしています。仕事は1人で行うものではなく、職場をチームと考えて業務をこなしています。

新亜光学工業株式会社は海外進出している企業ですし、本社にも多くの外国人スタッフを雇っています。その上で同じ目的を共有して、一丸となってゴールを目指します。それには情報共有が必要になるので、自然とコミュニケーションを取らなければならないシーンが生まれます。情報発信の量を一定にする為、プレゼンを行う事もあります。

これらのステップを繰り返し行っていく内に新亜光学工業株式会社では自然とコミュ力が身に付くといわれています。


この記事をシェアする